初心者のためのFX投資、口座開設

完璧ビジネスFX

FX

FXを始めたい!1000通貨単位とは何?FXの取引単位を徹底解説

投稿日:

ますます人気を高めているFX
これから始めたいと思っている方も多いと思います。
FXは初心者でも簡単に始めることができる投資の1つです。

その理由の1つとして、少ない資金でも始めることができる、ということがあげられます。

しかし取引通貨単位で必要な資金は変わってきます。

今回は「FXを始めたい!1000通貨単位とは何?FXの取引単位を徹底解説」というテーマでお送りさせていただきます。

これからFXを始めたい、少ない資金でFXトレードをしたいという方は必見ですよ!

取引通貨単位とは?

「取引通貨単位」とは、FXを始めるにあたり理解しておきたい用語の1つです。
この項では、FXの取引通貨単位についての基礎知識を一緒に深めていきましょう。

FXには最低取引通貨単位が決められている!

各FX会社ではそれぞれ取引できる通貨の単位が決められています。これを「取引通貨単位」といいます。
ちなみに1通貨は

日本円:1円
米ドル:1ドル

という風になります。
そしてFX会社は各自「最低取引通貨単位」を定めています。
これは名前の通り、取引をする際の必要最低限の通貨数のことを指します。

1000通貨から取引可能なFX会社の場合は、最低の取引が1000通貨以上。
10000通貨であれば10000通貨以上。

となるわけですね。
わかりやすいように例をあげましょう。

1ドル=100円の時にドル円でトレードするとします。
1000通貨が最小取引単位の会社の場合は、100(円)×1000(通貨)=10万円の資金が必要ということになります。
10000通貨が最小取引単位の会社の場合だと、100(円)×10000(通貨)=100万円

ということになりますね。
ここまで読まれた方の中には「1000通貨なら4千円あれば大丈夫じゃなかったの?と思われた方もいるのではないでしょうか。
これは本当です!FXにはレバレッジという非常に便利な仕組みがあるのです。

レバリッジをかければ少額で大きなトレードができる!

 

1000通貨取引であれば4千円あれば取引できる」

は本当です。
本来であれば、ドル円の場合1000通貨取引をするには10万円必要なわけですが、ここで登場するのがレバリッジなのです。
レバレッジとは日本語では「テコ」という意味です。
大きなものを持ち上げる時に、テコを利用すれば最小限の力で済みますよね?
FXでも同じです。

レバレッジをかけることで、実際に手元にある資金の何倍もの金額での取引が可能になります。
日本ではどのFX会社でもレバレッジは最高25倍までかけることができます。
また例を出して説明してみましょう。

1ドル=100円だとします。
1000通貨取引の場合、ドル円であれば10万円必要ですが、25倍のレバリッジをかければ 100000÷25=4000
つまり4千円で取引が可能になるのです。

※海外業者ではリバレッジを最高1000倍までかけれる会社もあります。
しかしハイレバリッジでのトレードはギャンブル性が強くなり、予想より反対に値が動くと一瞬でロスカットになる可能性も高いのでFX初心者の方にはオススメしません。

1000通貨取引であれば4千円でトレードできる理由がおわかりになっていただけたかと思います。
この1000通貨取引は、実はFX初心者の方には非常にオススメです。

次の項でその理由を説明したいと思います!

FX初心者には1000通貨取引がオススメ!その理由とは?

FX初心者に1000通貨での取引がオススメな理由は決して小さな額でできるということだけではありません。
ここではFX初心者に1000通貨取引がオススメの理由をご紹介します。

  • 損失が少ない
  • いろんな手法を試すことができる
  • 複数の口座を持てる

1.損失が少ない

1000通貨で取引の際、必要になる証拠金(資金)はドル円の場合は4千円です。
相場の急変を考えても5千円あれば問題なくトレードできます。
実際にトレードするとわかると思いますが、全証拠金を失うというケースは非常に稀です。

ある程度損失が出た時点で損切り(決済)しますから、証拠金がゼロになることはほぼないでしょう。これはあってはならないこと、でもあるのですが。
ですから、仮に大きな損失を出しても数千円です。

FXで成功するコツは、とにかく相場に留まることです。
FXを始めても9割の人は一年以内に退場すると言われています。
その理由としては、大きなトレードをして資金を失い退場を余儀なくされるからです。

1000通貨取引であれば損失が少なく限定的なので、数回の負けトレードで退場とはなりません。これは大きなメリットです。

2.いろんな手法を試すことができる

FXで安定した利益を出しているトレーダーはみな、自分なりの手法を確立しています。
その手法は失敗の中で生まれます。
失敗を恐れていると、新たな手法に挑戦できず結果いつまでもトレードの腕はあがりません。

1000通貨取引の場合、先ほどもお話しましたがトレードに失敗しても損失は限定的です。
「失敗してもたかが知れている」と思えば、気軽にいろんな手法を試すことができますよね。
数百円の損失で手法を検証できる、練習できると思えば安いものではないでしょうか?
そしてトレードをする中で安定した利益が出せるようになったら、大きな取引、例えば1万通貨単位でのトレードに挑戦すればよいと思いますよ!

3.複数の口座を持てる

1000通貨取引の場合、資金として必要になるのは4千円前後です。
ですから、その気になれば複数のFX会社に口座を開設することも可能ですね。
実は、安定した利益を出しているトレーダーはほとんどの人が、2~3口座を持っています。

FX会社はどこもそれぞれ特徴があります。チャートが使いやすい、自動売買ツーツが充実している、経済ニュースの配信が早い、などそれぞれ「売り」があるのです。
また日本国内のFX会社はどこも信託保全というシステムを採用しているため、仮に倒産しても、顧客の資金は守られます。
しかし万が一のために、資金を分散して運用するトレーダーが多いのです。

FX会社のほとんどは口座維持費はかかりません(稀に、一定期間取引が行われないと維持費がかかる会社があります)。口座開設も無料。
かかるのは実際にトレードする際の証拠金だけですが、1000通貨であれば4千円前後ですから、2社を利用しても1万円あれば余裕です。
複数口座を持つというのは、FX初心者のみならず、すべてのトレーダーにとってメリットと言えますね!

どうですか?
FX初心者に1000通貨取引がオススメな理由、わかっていただけたのではないでしょうか?

次の項では、1000通貨取引が可能なFX会社の中から特にオススメの会社をご紹介したいと思います。

1000通貨で取引したいならヒロセ通商がオススメ!

近年のFX人気を受け、1000通貨取引ができる会社が増えてきています。
その中でも、FX初心者の方に特にオススメできるのがヒロセ通商です。
ライオントレードの愛称でも親しまれているヒロセ通商は開業して14年と比較的新しいFX業者ではありますが、オリコン顧客満足度で3年連続第1位という実績を誇っています。

ヒロセ通商は1000通貨取引が可能な上に、扱っている通貨ペア数が50ペアと国内FX会社で最高レベルです。
トレードを躊躇してしまうようなマイナー通貨でも1000通貨であれば気軽に挑戦することができますね。

スプレッドも業界最狭レベルですし、スワップポイントもペアによってはかなり高めに設定されています。
また、常時食べ物キャンペーンを実施しているというのも、ヒロセ通商の特徴です。
トレード数に合わせて食べ物がもらえるというユニークなキャンペーンですが、かなりクオリティが高いと評判です。

SBIFXトレードは1通貨で取引ができる!

まったくのFX初心者なので4千円でも大きく感じてしまう...そんな方も中にはいらっしゃるかもしれませんね。
そのような場合は、SBIFXトレードがオススメです。
SBIFXトレードは、2018年オリコン顧客満足度調査においてFX取引手数料で第1位になった人気のFX会社です。

1通貨からのトレードが可能なのです。つまり必要な証拠金は「4円」になります。
しかも、口座開設後ログインするだけで500円入金されるというキャンペーンをやっていますので、実質無料でFXを始めることができますね。

スプレッドはドル円0.27銭と業界トップレベルの狭さを誇ります。
スワップポイントもかなりの高水準ですし、初心者向け取引ツールも充実しています。
スマホアプリもFX初心者に使いやすい仕様になっているので、これからFXを始めたいという方にもオススメです。

1000通貨取引にはデメリットもある?3つのデメリットとは?

さて、ここまでは1000通貨取引の良いところばかりをお話してきたわけですが、物事はすべてメリットがあればデメリットがあります。
1000通貨取引にもデメリットはあるのでしょうか?

実は1000通貨取引におけるデメリットはほとんどありません。

強いてあげるとすれば以下の点があげられます。

  • 1000通貨取引ができないFX会社がある
  • 取引コスト
  • 大きな利益が出にくい

1.1000通貨取引ができないFX会社もある

別の項でご紹介させていだいた通り、近年は1000通貨取引が可能なFX会社が増えています。
しかしDMMFXGMOクリック証券などでは最低取引単位が1万通貨に設定されています。
この2つは日本を代表するFX会社で非常に人気も高いので残念ではありますよね。

このように1000通貨取引ができないFX会社がある=選択肢が狭まる、というのはデメリットと言えなくもありません。

2.取引コスト

すべてのFX会社に言えることではありませんが、FX会社の中には、1000通貨での取引において、手数料スプレッドの設定が1万単位取引よりも高めに設定される会社があります。
FXで利益を出すには、とにかく取引コストを抑えることが大切です。
ですからこれもデメリットとしてあげることができるかもしれません。

3.大きな利益が出しにくい

1000通貨取引の場合、損失が限定されるというメリットがある反面、リターン(利益)も小さくなります。
大きな額でのトレードは、大きな利益も見込めますがその分損失も大きくなりますので、これはデメリットというより当たり前のこと、ではあるのですが。
1000通貨で取引していると、確かになかなか資金は増えません。
しかし根気よく勝ちを積み上げることで、トレードの腕は確実に上がりますので、大きなトレードへの準備期間と考えれば、決してデメリットとは言えないかもしれませんね。

このように1000通貨取引には目立ったデメリットはありません。
特にFX初心者の方の場合は、メリットがデメリットを大きく上回ると言ってよいと思います。
しかし、最初から大きな利益を出したい!そんな方もいらっしゃると思います。

最初から大きな利益を出したいならDMMFX!

FXは初めてだけど、最初から大きな利益を狙いたい...そんな方にオススメなのはDMMFXです。
DMMFXは、2018年度のファイナンス・マグネイト社の調べでは口座数が日本第1位の国内最大規模のFX会社の1つです。

スプレッドは業界最狭レベルスワップポイントも高水準ですし、スマホアプリもFX初心者にわかりやすい設計になっています。
DMMFXでは、24時間利用できるカスタマーサポートがありますが、これがLINEでできるというちょっと変わったサービスも人気を呼んでいます。

また新規取引1万通貨ごとに1ポイントがつき、1ポイント1円として換金できるのも嬉しいですね。
経済ニュースの充実度には定評があり、専業トレーダーにも評判が良いようです。

1万通貨からの取引になりますので、25倍のレバリッジをかけても4~5万円の資金は必要になります。
その分、大きな利益も狙えますので、最初からまとまった利益を目指してトレードしたいという方にはオススメですよ!

1000通貨単位なら気軽にFXができる!まずは少額取引でFXトレーダーの仲間入り!

いかがでしたか?
今回は「FXを始めたい!1000通貨単位とは何?FXの取引単位を徹底解説」というテーマでお送りさせていただきました。
取引単位って何?1000通貨ってどういう意味?という方もご理解していただけたのではないかと思います。

FXを始めたいけど資金があまりない、という方でも1000通貨取引ならお小遣いの範囲で気軽にFXを始めることができますね!

FX会社の口座開設はどこも無料です!

考えるより生むが易し!そして、FXは習うより慣れろ、です。
ぜひ1000通貨取引で、まずはFXに慣れていきましょう。
トレードを繰りかえすうちに、きっと自分なりの勝ちルールが見えてきて、少しずつ手法も確立してくるはずですよ。

勝ち組トレーダーになるための一歩、あなたも踏み出してみませんか?

-FX

Copyright© 完璧ビジネスFX , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.