関西外食ビジネスサイト

関西外食ビジネスFX

FX

FXを始めたい!FXのやり方を1から解説

更新日:

近年ますます人気を高めているFX。
やってみたいけど難しそう?危険じゃないの?と不安に思っている方もいるのではないでしょうか?
今回は、これからFXを始めたい方、FX初心者の方のために「FXを始めたい!FXのやり方を1から解説」というテーマでお送りしていきたいと思います。

FXってなに?FXの基本的知識

さて、FXのやり方をご紹介する前にまずはFXの基本的知識を深めていきましょう。
自分が今からやろうとしているコトが何なのか、その仕組みや成り立ちを知ることは、必ずあなたにとってプラスになるはずですよ!

安く買って高く売る、高く売って安く買う!

FXとは「Foreign Exchange」の頭文字を取って略したものです。
海外ではForex Tradingとも呼ばれています。
外国通貨を売買することにより為替差益(利益)を目指すため、日本語では「外国為替証拠金取引」と訳されます。
例えば1ドルが100円の時にドルを買ったとします。そして1ドルが120円になった時に売ればその差「20円」が利益となるわけですね。
安く買って高く売る、高く売って安く買う、これがFXの基本なんですね!

金利差でも利益が出る

そしてFXにはもう1つ利益の出し方があります。「外貨預金」をイメージしていただければよいかもしれません。
通貨金利というのは、その通貨によって様々です。
これを利用して利益を出すことができます。
こちらも例をあげてみましょう。

日本の金利が0.1%でオーストラリアのの金利が5.0%のときに、オーストラリアドルを2ドルを買ったとします。2国間の金利差は「5.0%-0.1%=4.9%」となり、オーストラリアドルを保有中はずっと4.9%の金利を利益として得ることができるのです。
この二国間の金利差をFXでは「スワップポイント」と呼ばれていて、このスワップポイントを狙うスワップトレーダーがいるほどです。
でも「普通の外貨預金じゃダメなの?」と思った方もいらしゃるかもしれません。しかし、海外の銀行で口座を開くのは簡単ではありません。
また口座維持料がかかるケースがほとんどです。
その点、FX口座は無料で開設出来て、口座維持料もかかりません。
そしてすべての売買がシステム化されているので人件費がかかりません。
かかるのは取引コストのみ。外貨預金の10分の1~100分の1という低コストで利益を狙えるのがFXなのです!

FXは初心者でも利益が出せる!

FXは数ある投資方法の中でも初心者向きと言われています。
株のように数千もある銘柄の中から1つを選んだり、歴史が浅く相場の傾向が判断しにくい仮想通貨より扱いやすいと言えます。

そして、FXは24時間取引が可能です。時差のおかげで世界中どこかの市場が空いているからです。
なので忙しい人でも、必ずエントリーチャンスがあります。

仕事から帰宅した後、真夜中、出勤前の時間...自分のライフスタイルに合わせたトレードが出来ます。
また株などに比べ、少額でトレードを始めることができるので、少ない資金で徐々にトレードに慣れていくことが出来ます。
トレードを重ねるうちに、自分のトレードスタイルが確立され、少しずつ勝率もあがっていくと思いますよ!

次の項ではFXを始める前にすべきことについてお話していきたいと思います!

FXを始める前にやるべき3つのこと

先ほどもお話した通り、FXは株や仮想通貨、先物取引などに比べるとハードルが低く初心者の方でも十分に利益を出す可能性がある投資です。
この項では、FXを始める前にやるべき3つのことについて説明していきたいと思いま

  • トレードスタイルを決める
  • 口座を開設する
  • デモトレードをする

1.トレードスタイルを決める

FXを始める前にまずやることって口座開設じゃないの?
そう思われた方もいると思います。
しかし、それは間違いです。
まずは、トレードスタイルを決めることから始めましょう。
なぜなら、トレードスタイルによって最適なFX会社・口座というのは変わってくるからです。
トレードスタイルは大まかにわけると

・短期(スキャルピング)
・デイトレード
・中長期(スイングトレード)
・長期(ポジショントレード)

となります。
それぞれ詳しく説明していきます。

①短期(スキャルピング)

ポジション保有時間が数秒~数分のトレードです。
大きなトレンドが発生した時や、経済指標、要人発言などで為替が大きく動く時にその流れに乗り、細かくトレードして利益をあげていく方法です。
日本国内のFX会社では実質的にスキャルピングを禁止している会社もあります。
「極端に短期間のトレードを繰り返すことは禁止しています」というような記載がある会社はスキャルピング不可ということです。

・メリット
ポジションを保有している期間が短いため、損失幅が限定的で、精神的なプレッシャーも少ない点です。
また、リバレッジをかける事で少ない資金でも利益を出すことが可能です。

・デメリット
トレード回数が多くなるので、集中力を維持することは簡単ではありません。
また、取引回数が多くなればかかるコストも比例して増えます。
損切できなかった場合の損失が大きくなる可能性も。

②デイトレード

デイトレード、通称「デイトレ」はポジション保有期間が数分~1日のトレード方法です。
その名の通り「1日でトレードを終わらせることができる」トレード方法です。

・メリット
スキャルピングほどではありませんが、ポジションの保有期間が短いためプレッシャーは小さいと言えます。
また、わかりやすいトレンドが出た時に、それに乗る形でトレードすれば、特に難しいテクニカル分析を必要としません。

・デメリット
1日中チャートに張り付く必要こそありませんが、一度エントリーしたらしばらくは動きを追わないといけないためそれなりの時間は必要とします。
また、負けトレードが続き、損失が増えるとメンタルコントロールが難しくなります。

③中長期(スイング)トレード

中長期のトレードは「スイングトレード」と呼ばれています。
数あるトレードスタイルの中でもっともFX初心者に適していると言われる方法です。
ポジション保有期間が数日~数週間(時に数か月)と比較的長丁場のトレードです。

・メリット
ポジション保有期間が長いため、大きな為替の流れと方向性を把握しておけば利益を出すことができます。長丁場なので落ち着いてトレードに取り組むことができ、忙しい人でも少ないトレード回数で利益をあげることが可能です。

・デメリット
スイングトレードは他のトレード方法に比べてデメリットは限定的です。
しかし、急な値動きに対応するのが難しいという大きなデメリットがあります。
値動きの方向が自分の想像通りであればいいのですが、逆に動くと、最悪の場合ロスカットになってしまうことも。

④長期(ポジション)トレード

長期に渡ってポジションを保有することから「ポジショントレード」と呼ばれるトレード方法です。
ポジション保有期間は数か月。
スワップポイントが高い通貨を買い、外貨預金的に保有します。

・メリット
一度ポジションを建てればあとはたまにチャートを確認するだけなので、忙しい人でも利益を出すことができます。
テクニカル分析もファンダメンタルズ分析も特に必要とせず、大きな為替の方向性がわかっていればOKです。

・デメリット
トレード回数が極端に少ないのでFXをしている実感が得られないのはデメリットの1つかもしれません。
また、予想とは逆の方向に為替が動いた場合の損失も大きい傾向があります。
スワップポイントを狙ってのトレード方法ですから「売り」では逆にスワップ差を支払うことになる可能性も。

この4つが主なトレードスタイルになります。
1つに限定する必要はありませんが、基本的に自由に使える時間が少ない方は短期トレードは不向きです
まずは自分のライフスタイルや、性格に合わせてもっとも適したトレードスタイルを決めましょう。

トレードスタイルごとにオススメのFX会社はまた後ほどご紹介していこうと思います。

2.口座を開設する

さて、トレードスタイルが決まれば次はいよいよ口座開設です。
FXの口座開設は難しいイメージを持っている方も少なくないのですが、実際は非常にシンプルです!

①WEBで申し込み

各FX業者のHPにある「新規口座開設(個人)」ページにアクセスして基本情報を入力し、最後に「利用規約への同意」にチェックを入れます。
マイナンバーを入力し、提出する本人確認書類の送付方法にチェックを入れて「申し込む」をクリックすれば完了です。
本人確認書類は、WEBでアップロードするのが一番早いですが、メールに添付、ファックス、郵送という方法でもOKです。

FX会社の審査はクレジットカードやローンのような厳密なものではありません
記入漏れがなく、本人確認書類とのデータに相違がなければ通常は審査に落ちることはありません。
定職についていない、学生、主婦、アルバイトの方でも口座開設は可能です。

複数のFX会社に口座を持つことも可能ですし、同時に複数社に申し込んでもそれが審査に悪影響を与えることは決してありませんので安心してくださいね!

②審査完了後ログイン

申込みに記入漏れがなく、本人確認書類に問題がなければ審査完了となります。
ここまでだいたい平均2日です。
自宅に「口座開設完了のお知らせ」が届き、そこにユーザーネームやパスワードが書かれていますので、会員ページからログインすれば口座開設完了です!
パスワードは初期設定はFX会社でされていますが、一度ログインした後は変更可能です。

③証拠金を入金

口座開設が完了した後は「証拠金」と呼ばれる運転資金を入金すればトレードを始めることができます。
クイック入金を利用すれば、入金手数料が無料になることもありますので(最低金額が設定されていることもアリ)各FX会社のHPで確認しましょう。
最低入金額は決められていませんが、急な為替の変動にも耐えれる程度には余裕を持って入金したいものですね。

ここまで終わればいつでも好きな時にトレードを開始することができます。
しかし、実際にトレードする前にもう1つだけやるべきことがあります。
それがデモトレードです。

3.デモトレードをする

トレードする時に絶対に必要な事の一つが「平常心を保つ」と言う事です。
いくら高度な手法を身につけていても、それを生かすも殺すも自分次第なのです。

人間は誰でも損失を抱えれば頭に血が上り、冷静な判断が出来なくなります。
損切りラインで損切りを出来なくなり結果的に大きな損失を出したり、逆に小さな勝ちで調子に乗ってしまい大きな勝負を挑んだ結果、負けてしまい全部利益を吐き出す...こんなことは少なくありません。

勝ち組トレーダーと呼ばれるトレーダーたちは、このメンタルコントロールが秀でているのです
つまり「メンタルコントロールがどこまで出来るか」がFXにおいては非常に大切な要素なのです。

それでは一体どうやってメンタルコントロールをする術を身につければよいのでしょうか?
それにはデモトレードが非常に有効です。デモトレードをすればFXのだいたいの雰囲気とルールがわかってきます。しかし大切な事は「本番のトレードするのと同じ状態でやる事」です。

自分の資金では建てれないようなポジションを持ってもあまり意味はありませんよね。
そして必ずルールは厳守する事です。例えば損切りラインを決めたら、必ずそこで実行する、などです。デモだからと言って好き勝手していては、いつまでたっても上達しません。

デモトレードで損失を抱えたとしても実際に資金を失うわけではありません。しかし「自分の予想が外れた」という痛みは経験値を高めてくれますし、そこからの立て直しも学べます。
トレードの基本である「いつも冷静さを保つ」と言う事もデモトレードで養う事が出来ます。
デモトレードで安定して利益が出せるようになったら、その時は実際にトレードする準備が整ったということです

以上で本当にFXを始める準備が整いました。
次の項では、実際トレードのやり方のコツについてお話していきたいと思います。

FX初心者のFX!5つのポイントとは?

FXは決して難しくありません!しかし、むやみやたらにトレードを繰り返していても安定した利益を生み出すことは難しいでしょう。

ここからはFXのやり方についての具体的なポイントを紹介していきます。

  • 根拠のあるエントリーをする
  • 通貨ペアを決める
  • トレードする時間帯を吟味する
  • 少額取引でFXに慣れる
  • 経済ニュースや指標をチェック

1.根拠のあるエントリーをする

FXはチャートを見て「上がる」か「下がる」かを予想するだけ...なのですが、大切なのはなぜそう予想したか?なのです。
FXを始めたばかりの人が陥りやすい問題として「根拠のないエントリー」があります。
実際は、エントリーチャンスではないのに、明確な理由がなくポジションを取ってしまう人が多いのです。
「ポジポジ病」なんて揶揄されることもあるんですよ。
始めたばかりの頃はとにかくトレードしたい!という気持ちが強くなるのは自然なことです。
ローソク足を見ていてなんとなく...というのは根拠ではありません。
根拠のないエントリーは投資ではなく「ギャンブル」である、と思いましょう。

・なぜここでエントリーするのか?
・ここでエントリーするとどんなリスクがある?
・期待できる利益はどれくらい?
・損切ライン(ストップロス)はどこ?

この4つの問いに答えられるトレードを目指しましょう。
結果的に間違っていてもよいのです。
どんな勝ち組トレーダーだって、負けトレードはあるのですから。
しかし根拠のないトレードは最初からわかりきった負け戦です。
限りある資金を有効に使うためにも、必ず根拠のあるトレードをしましょう。

2.通貨ペアを決める

FX取引では「米ドルと円」「ユーロと米ドル」「ユーロと円」などといった2つの通貨の組み合わせのことを「通貨ペア」と呼びます。
通貨ペアによりさまざまな特長があります。
FX初心者の方はまずはメジャー通貨(円、米ドル、ユーロ、ポンドなど流通性が高い通貨)ペアを選ぶようにしましょう。
代表的な通貨ペアをご紹介しておきます。

①米ドル円(USD/JPY)

日本のFX取引で、最も定番で人気の通貨ペアと言えるでしょう。
スプレッドが狭く、為替レートの変動が比較的穏やで、素直な動きをするので初心者の方にはオススメです。

②ユーロ米ドル(EUR/USD)

世界の外国為替市場で、最大の取引量を持つのがこのペアです。一般的に「ユーロドル」と呼ばれるペアです。流動性が高く、比較的落ち着いた値動きを見せる事が多く、テクニカル分析がしやすいペアとしても知られています。
スプレッドも狭いため、こちらもFX初心者の方にオススメのペアです。

③ユーロ円(EUR/JPY)

ユーロは現在第2の基軸通貨(第1の基軸通貨は米ドル)とも呼ばれています。
流動性が高く、トレンドが出た時は大きな利益を狙うことができるペアです。
ただしドル円とユーロドルの値動きが同期したときには為替レートの変動幅が大きくなることがあり、急激な値動きを見せることもあるため、まずは先ほどご紹介した「ドル円」「ユーロドル」でトレードに慣れてからの方が無難かもしれません。

④英ポンド円(GBP/JPY)

ポンドは取引量はユーロ、米ドル、円に次いで第4位を誇る通貨です。世界経済の基軸通貨と言われてた時代もありました。
ポンドは「悪魔の通貨」と言われるほど、荒い値動きを見せる通貨です。
一般的にはFX初心者は避けるべきと言われています。
しかし値動きが激しい分ボラリティも高いため短期トレーダーには人気のペアです。

⑤豪ドル円(AUD/JPY)

豪ドルはスワップポイント(金利)非常に高いのが特徴です。資源(石炭や鉄鉱石など)の価格の変化に値動きがつられる事が多く、資源価格が上昇した時に買われる事が多くなる通貨です。
超低金利の日本円とのスワップ差を利用を利用した長期トレード向けのペアと言えるでしょう。
FX初心者の方で中長期のスイングトレードをしたい方にはオススメです。

これからFXを始めたいという方は、ご紹介した上記5通貨ペアから始めてみるこをオススメします。
通貨ペアとは「相性」もあるので、まずは少額でいろんな通貨ペアでトレードしてみて様子を見てみるのも一つの方法です。

3.トレードする時間帯を吟味する

FXは24時間取引が可能です(平日のみ。土日は取引不可)
これはFXの魅力でもありますが、実はトレードする時間帯によって値動きに特徴があります。
そもそも流動性が低い時間帯というのは、トレンドが出にくく、レンジ相場(一定の幅を行ききする相場)が多く、初心者の方にはなかなかエントリーチャンスがありません。
それを踏まえて考えると、1日のうち利益を狙えるのは以下の4つの時間帯です。

①オセアニア時間 6:00~8:00
②東京時間 8:00~15:00
③欧州時間 15:00~21:00
④ニューヨーク時間 21:00~6:00

基本的に、時間ごとにオセアニア時間では豪ドルやニュージランドドル、東京時間では円、欧州時間ではユーロやポンド、ニューヨーク時間ではドルの流動性が高くなる、と覚えておきましょう。
この4つの時間帯の中で、もっとも値動きが大きくなるのは、欧州時間です。
FX初心者の方で、とにかくわかりやすいトレンドに乗りたい!という方は欧州時間でのトレードするようにしましょう。

4.少額取引でFXに慣れる

FXの資金、あなたはどれくらいお考えですか?
FXに限ったことではなく投資全般に言えることですが、投資は「余剰資金」で行うべきです。
つまり生活費を削って投資はすべきではない、ということですね。
余剰資金であれば、落ち着いた気持ちでトレードすることができますし、万が一損失を出した際にも生活を圧迫することはありません。
一部の方を除き、余剰資金が十分にあるという人はいないと思います。
ですからまずは少額取引でFXに慣れましょう。
通常、FXは1万通貨からの取引になりますが、この場合ドル円を考えると約4万円、為替レートの急激な変化を想定すれば5~6万円は口座に入れておきたいところです。

しかし、1,000通貨からの取引が可能なFX会社であればこの10分の1、つまり5千円あればトレードを開始することができます。
前項で、デモトレードをオススメさせていただきましたが、実はデモでは安定して利益を出せたのに実際にトレードしたら散々...という人は少なくないのです。
これはやはり自分の資金でトレードしているということがメンタルに影響を与えるからです。
数千円であろうと、本物の資金(お金)でトレードすることには意味があります。
資金にある程度余裕があったとしても、まずは少額から取引を開始するようにしましょう。

1,000通貨からの取引が可能なFX会社は別記事「FX初心者におすすめの口座・会社比較ランキング」の中でもご紹介させいただいていますので、ぜひ併せて読んでみてくださいね!

5.経済ニュースをチェック

FXの手法は大きくわけて2つと言われています。

・テニクカル
・ファンダメンタルズ

この2つです。
テクニカルというのは、チャートを分析することで今後の為替の動きを予想する手法です。
それに対し、ファンダメンタルズ分析というのは、国の景気、経済状況、金利政策などを総合的に判断し、今後の為替を予想するという手法です。
FXのトレーダーの中には、ファンダメンタルズは一切考慮しないという人もいます。

しかし、欧米の企業投資家のほとんどはファンダメンタルズ分析を行っています。
ファンダメンタルズ分析というと難しそうですが、FX初心者の方は経済ニュースをチェックするレベルからで大丈夫です。
特に中長期のトレードを考えている方(スイングトレード)大きな為替の流れ、方向性をチェックしておけば十分でしょう。

短期トレードをする方は「経済指標」の年間カレンダーをしっかり把握しておきましょう。
経済指標の発表前後は、大きな値動きを見せますので、またとない利益チャンスです。しかしこれは同時に損失を出す可能性もあるということですので、経済指標、経済ニュースのチェックは忘れないようにしましょう。

FXは他の投資に比べ初心者でも比較的利益を出しやすいと言えます。
しかし、むやみやたらにトレードを繰り返していても勝率はアップしません。
この項でご紹介した5つのポイントを守ることで、必ず勝率はアップするはずです。

いろんなトレードスタイルに挑戦し、自分なりの「勝ちの法則」を見つけていけば、きっと安定した利益を出せるようになりますよ!

どのFX会社がいい?トレードスタイルごとに検証!

先ほどトレードスタイルごとに選ぶべきFX会社は異なる...というお話をしたことを覚えていますか?
この項では、各トレードスタイルごとに最適のFX会社をご紹介していきたいと思います。

  • 短期(スキャルピング)
  • デイトレード
  • 中長期(スイングトレード)
  • ポジショントレード

1.短期(スキャルピング)

スキャルピングに適したFX会社というのは以下の条件を備えていないといけません。

・スプレッドが狭い
・約定力が優れている
・強固なサーバー
・取引コストが安い

これを踏まえた上で、本サイトがオススメするFX会社は以下です。

①SBIFXトレード

SBRFXは多くの通貨ペアにおいてスプレッド最狭を誇ります。
ドル円は0.27銭と他社に一線を画しています。
またワンコイントレードが可能なのもFX初心者の方には嬉しい点ではないでしょうか?
1通貨からの取引が可能ですので(ドル円の場合は約4円)、まずは少額でトレードしてスキャの腕を磨きたいという方にはオススメです。

②GMOクリック証券

GMOクリック証券は6年連続で世界1の取引高を誇るFX会社です。
大量オーダーに耐えうるサーバー力で肝心の時にサーバーダウンなんて心配がありません。
スプレッドも業界最狭レベルで約定力にも優れていますので、安心してスキャルピングをすることができます。

③JFX株式会社

JFX株式会社は知名度こそまだそこまで高くありませんが、スキャルピングのトレーダーをサポートする会社なのです。
1,000通貨の取引コストは無料なので、少額でたくさん取引したい方には嬉しいですね。
またプロトレーダーによるスキャルピングトレードの生放送が無料で見れたりするので、これからスキャルピングをやりたい方にもオススメです。

2.デイトレード

デイトレードに適したFX会社の条件は以下のようになります。

・スプレッドが狭い
・約定力が優れている
・使いやすい取引ツール

これを踏まえた上で、本サイトがオススメするデイトレ向けのFX会社は以下です。

①DMMFX

DMMは国内口座数第一位を誇る人気のFX会社です。
スプレッドは業界最狭レベルですし、極端に開くことがありません。
約定力も優れており総合的に安心して使えるFX会社です。
最大の特徴が、スマホアプリのクオリティです。
デイトレをされる方は、あまりトレードに使える時間がないという方も多いと思いますが、スマホでもPCと遜色ないトレードができるため、出先でも利益チャンスを逃しません。

②ヒロセ通商

ライオンでお馴染みのヒロセ通商もまた知名度、利生者数において国内トップレベルのFX会社です。
最大の特徴は通貨ペアの多さです。約50種類のペアを取り扱っているため、トレンドが出ているペアを探してトレード、ということが可能です。
スプレッドも業界最狭レベルですし、約定力も99.9%と高水準。
また1,000通貨から取引可能なのも初心者の方には嬉しいですね。

③マネーパートナーズ

FX業界では老舗企業の1つであるマネーパートナーズは、東証1部上場企業なので安心して取引することができます。
注文速度が非常に早いため、大口注文でもスムーズに入ります。
ある程度まとまった額でトレードしたいデイトレーダーに選ばれる理由もここにあります。
またnano口座は100通貨から取引が可能なので、この点もFX初心者には嬉しいですね。

3.中長期(スイングトレード)

ポジション保有期間が中長期のスイングトレードに適したFX会社の条件は以下の通りです。

・スワップポイントが高い
・情報ツールが充実している
・自動売買システム

①外為オンライン

外為オンラインはFX初心者にも使いやすい取引ツールが非常に充実しているFX会社です。
現在の値動き推移が直感的にわかるツールを搭載されており、経済ニュースや、経済指標の速報なおの情報コンテンツも充実しています。
スプレッドは業界最狭レベル、そして肝心のスワップポイントも高水準です。

②DMMFX

国内口座数No1を誇るDMMFXですが、スイングトレードにもオススメです。
スワップポイントが高く、豪ドルで30円前後、NZドルでは35円前後なのでスイングトレードをしたい方には嬉しいですね。
また、24時間でサポートが受けれますので、初心者でも安心してトレードを始めることができます。
取引ツールも自社オリジナルで初心者でも使いやすいので、なかなかエントリーと利確ポイントがわからないという方の強い味方になってくれます。

③YJFX!

YJFX!はヤフーグループが母体のFX会社です。
豊富な資金力と高い技術力に支えられ強固なサーバーを有します。
スマホ専用チャートも充実しているので、忙しい方でも、通勤時間や仕事の昼休みなどを使ってチャートを確認し、トレードすることが出来ます。
情報コンテンツが豊富なため、為替の流れを読みやすく、スイングトレーダーには特にオススメです。

4.ポジショントレード

ポジション所有が長期に及ぶポジショントレードに向いているFX会社の条件は以下の通りです。

・スワップポイントが高い
・経済状況、政策、金利政策などファンダメンタルズ情報が豊富
・信頼度が高い会社である

これらの条件を満たすFX会社は以下です。

①セントラル短期FX

セントラル短期FXは100年以上の歴史を誇るFX業界きっての老舗FX会社です。
信託保全により安心して資産を運用することができます。
決済損益を外貨のまま保有できるので、リスクヘッジとして資産を複数外貨で持っていたいという方にもオススメです。
スワップポイントも高水準、マーケット情報の配信にも力を入れているのでファンダメンタルズ分析しながらポジショントレードをする方には嬉しいですね。

②ヒロセ通商

ヒロセ通商は取り扱い通貨ペアが50種類以上なので、高金利通貨を選んでポジショントレードしたい、リスク分散のために複数ペアでトレードしたいという方にオススメです。
ユーザーの意見を取り入れながらプラットフォームやチャートを定期的に改良しているので、非常に使いやすいと評判が高いのも特徴です。

③みんなのFX

トレイダーズ証券のみんなのFXは、近年知名度と人気を高めているFX会社の1つです。
トルコリラ・メキシコペソ・南アフリカランドの三大高金利通貨のいずれのスワップポイントも業界最高水準です。
それに加え自動取引ツールのクオリティも高いのも特徴です。
忙しくてなかなかトレードする時間がない、金利収入を得るためにオオジショントレードがしたいという方にオススメです。

どのFX会社に口座開設をすればいいのかわからない...これはFXを始める時に皆直面する問題です。
そんな時はぜひトレードスタイルに合わせてFX会社を選んでみてくださいね!

FXは誰でもできる!目指せ勝ち組トレーダー

いかがでしたか?
今回は「FXを始めたい!FXのやり方を1から解説」というテーマでお送りさせていただきました。
FXの口座開設は難しいことは一切ありません。
ただし、トレードスタイルによって適したFX会社・口座は大きく変わってきますので、本文中でもお話しましたが、まずはデモトレードでいろんなトレードスタイルを試してみることをオススメします。
勝ち組トレーダーの多くが自分のトレード方法を確立しています。
自分なりの勝ちルールを見出すことでどんどん勝率はアップし利益もあがってきます。

FXは誰でも最初は初心者です。ゼロから始めて専業トレーダーになった人、サラリーマンや主婦をしながら毎月安定した利益を出している人もたくさんいる世界です。

ぜひあなたも勝ち組トレーダーの仲間入りをしましょう!

-FX

Copyright© 関西外食ビジネスFX , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.