初心者のためのFX投資、口座開設

完璧ビジネスFX

FX

FXの証拠金はいくらから?その考え方は「的外れ」だった。

FXをする上で要と言える「証拠金」。

最初に用意すべき金額とはいくらでしょうか?もちろん、目安の金額は存在します。しかし、金額にとらわれ過ぎて本質的に大切な事忘れていませんか?

今回は、「証拠金」と他では滅多に語られない「証拠金に対する考え方」をどこよりも論理的で役立つ内容をお届けします!

証拠金とは

FXにおける証拠金は担保として預けるお金です。

また、FXとは「Foreign exchange」の略称で、日本語では「外国為替証拠金取引」と言います。

実際に、日本円と外貨を売買するのではなく、前述した通り証拠金を担保として借りた外貨を売買する信用取引がFXです。

証拠金はアナタとFX会社間の信頼を作る役割を担っています。また、借りたものを売買する信用取引では「空売り」があるため、値下がりを利益にできるので、不況をチャンスに変える事が可能な数少ないビジネスと言えるでしょう。

有効証拠金と必要証拠金

証拠金は、タイムリーに今現在の使用可能な証拠金とそのポジションを持つのに必要な証拠金に分類できます。

少々、難しく思えますね?簡単にご説明します。

現在使用可能な証拠金は「取引余力」です。

つまり、現在保有中のポジションにも証拠金が必要ですから、それを持ち続けるために使われている証拠金があります。

証拠金(証券会社の口座にある全て)から差し引いた残り分が取引余力となり、それを担保として有効である意味合いを含めて「有効証拠金」言います。

そのポジションを持つのに必要な証拠金を「必要証拠金」と言います。

つまり、1万通貨が1ロットの口座でドル円を買う場合、110円のレートと仮定すると110万円が必要証拠金となります。

しかし、FXではレバレッジが使えますから、国内FXの25倍を適応すると25分の1「4万4千円」でポジションを持つことが可能です。

証拠金維持率の計算方法

FXでは強制ロスカットに注意!適切なリスク管理が成功のコツ。

証拠金維持率の計算方法は上記の通りです。

数学が得意な方にはお分かりでしょうが、証拠金維持率は「保有ポジションに対して、全体の証拠金が何割使われているか?」を意味します。

つまり、レバレッジを利かせてトレードが出来るFXにおいて、レバレッジ倍率の有効度合も表しています。

レバレッジを使った信用取引も万能ではありません。

証拠金の金額によって倍率がどれほど使われているか?それはリスク管理の観点から非常に大切な事です。

証拠金維持率は、今の証拠金をどこまでリスクを許容してトレードしているかを判断する重要な基準です。

著しく証拠金維持率が低下している状況では、大きな含み損(未決済の損失)を抱えている、もしくは自身の証拠金の大半を使ったハイレバレッジ取引をしている場合です。

どちらもロスカットの距離が近く、一歩間違えれば証拠金の大半を溶かすか、最悪の場合は「借金」を抱えるリスクが隠れているのです。

それで、証拠金はいくらあれば良いの?

結論、証拠金は「いくらでも良い」です。

人によっては、100万円であったり、10万円あるいは5万円と最初の証拠金はいくらあれば良いかという問題は度々議論されます。

しかし、私個人として見解ですが、証拠金は大いに越したことはないですが、根本的には金額に応じた「立ち回り方」が異なるだけで本質的には重要ではないと考えています。

同じロット数で同じ利益、同じ値動きを狙う場合は当然ながら証拠金が多い方が有利になります。

しかし、リスクを抑えてロット数を押えれば、少額の証拠金でもある程度の安全圏で取引をすることが可能です。この場合は当然ながら利益は少なくなります。

少額で満足できる利益を獲得したけば「期待値の高いトレード」をする能力と「リスクを許容する」ハイレバレッジのトレードをする必要があります。

レバレッジを存分に使ったトレードは、諸刃の剣ですから高度なトレードスキルが欠かせません。

こういった事実も踏まえて考えると、やはり証拠金は大いに越したことはないが、口座を開設したFX会社の最低入金額を満たしていれば金額を問わず、FXを始めることはできますね。

国内人気FX会社の初回入金額

国内人気FX会社の多くは、初回入金額を設けておりません。

違いと言えば最低取引数量が異なる点です。いわゆる1000通貨、1万通貨口座と言われる分類を指します。

証拠金は、国内FXの規制であるレバレッジ25倍に対して4%が最低限は入金されている必要があります。

つまり、最初の入金はいくらでも良いが、取引は注文数量の4%の入金がないと始められないという事です。

例えば、1万通貨の口座でドル円を取引するなら、今現在のレートで4万円は最低でも必要となります。

しかし、実際のFXでは「値動き」があるため証拠金維持率も変動します。取引の必要証拠金を最低額でこのポジションを持った場合は、25倍のレバレッジが最大に有効化。ですから、証拠金維持率が100%の状況でスタートしています。

100%では、多くの国内FX会社の強制ロスカットが近い水準です。

これでは、1回のトレードで勝率100%かつ天井、底でエントリーする必要があり不可能な話。よって、エントリー後の「値動き」に対応すべく、10万円、100万円という証拠金の意見がわかれるのです。

  • 国内人気FX会社には初回入金額はない
  • 必要証拠金は最低でも入金する必要がある
  • 最低限の証拠金では、エントリーできるがトレードが成立しない

まとめると、FXを始めるのに「最低金額」は存在するが有利に進めたいなら、証拠金は多い方が値動きに対応しやすいです。

証拠金シュミレーターで目安を知る

安心してFXを始めるにあたって、目安100万円の資金を準備出来れば安心。そんな言葉を良く目にするでしょう。

しかし、全ての人が容易に準備できる金額ではありません。私自身、FXを始めた頃は10万円にも満たない。ごく少額の元手から始めました。

少額では、利益をコツコツ積み重ねる方法とレバレッジをフル活用した取引で利益を大きくする方法のパターンがあります。

前者の利益を積み重ねる方法は、証拠金維持率の話を読んで分かるように、ドンピシャのエントリーポイントと負けない勝率を達成する必要があります。

つまり、少額資金のFXで大きな利益を狙うなら「ハイレバレッジ」が前提ですから、この二つに対して理解を深めましょう。

実際の取引では、「証拠金シュミレーション」を使ってエントリーしたポジションはいくらになったらロスカットになるか?を計算します。

この証拠金シュミレーションですが、多くの国内FX会社であれば公式サイトで提供されています。今回は、国内屈指のFX口座である「DMM FX」の証拠金シュミレーターで考えてみましょう。

例えば、10万円の証拠金でドル円【107.692円】を1ロット買いエントリーしたとしましょう。

このポジションをエントリーするためには必要証拠金が「42,486円」ですから、10万円の資金に対して証拠金維持率が約200%スタートとなりますね。

さて、実際に証拠金シュミレーションで算出されたレートを、実際のドル円月足チャートに描写してみました。

  • 【水色のライン】証拠金維持率100%で100.227円
  • 【赤色のライン】証拠金維持率50%で98.181円

DMM FXでは証拠金維持率100%で追証とロスカットアラートの通知が送られ、強制ロスカットは証拠金維持率50%の段階で自動執行されます。

つまり、エントリーしたレートから900ピップス前後のリスクは許容でき、そこを割らずに上へ値動きが起これば利益となりますね。

では証拠金が、最低限の「5万円」ではどうでしょうか?

強制ロスカットとなった場合には、資産の半分近い金額が損失となり、その水準も近く、ロスカットアラートのレートまでの距離も当然近くなります。

 

チャートに描写してみると一目瞭然。先ほどの100万円の証拠金と見比べてみてください。

ロスカット水準はかなり狭まっており、強制ロスカットによる損失額が証拠金の概ね半分、しかも可能性として起こりうるのも割合として高い印象を受けるでしょう。少額からFXを始める事がいかに難しいか。それを明確に理解することが出来ますね。

これからFXを本格的に始めてみようと考えてるアナタ、冷たく感じられるかも知れませんが、少額資金でボロ儲けを安易に期待しないように「難易度が高い」意識を持っていた方が、結果的に失敗する可能性を低くするでしょう。

証拠金は「弾数」、重要なのは何ができるか。

難易度が高いとは言え、5万円の資金を100万円の資金へ増やすことは不可能ではありません。

証拠金は、同じトレードが何回出来るか? 利益や損失の的へ向けて、ポジションという名の弾丸を何発撃てるかを意味します。

アナタがFXに投じる事が出来る金額に応じて、トレードの軸を合わせていくことで大きな利益は達成可能と言えるでしょう。

例えば、いくつか私なりの考えを共有してみましょう。

  • 小さなロットかつ、一定の利益が積み重なるまで同じ枚数で勝率を上げる
  • 大幅にリスクを許容し、トレード回数を厳選する

具体的にこの2つであれば、過去に私も実践しました。

結果論ですが、私の場合は後者「ハイレバレッジトレード」が少額では効率が良かったです。

しかし、個人のスキルや性格による向き不向きがあるので一概には言えません。(この場合、前述した通りにロスカット水準が近くなるため短期売買を中心に行います。)

ハイレバトレードは資金が少ないうちは強みに変わると思っています。

なぜなら、普通に働いていれば完全に資金が底をついたとしても、「5万円」や「10万円」程度ならば学生のアルバイトでもその気になれば簡単に補填が出来るから。

だからと言って一発勝負のギャンブルを推奨してはいません。弾数が少ないとは言え、少額でも「実弾」です。負ければ、お金が減ります。

大切なのは、アナタが飲み代や交際費に使えたお金を、FXに投入する事で稼ぐためのツールにしている事。娯楽を我慢して、真剣にトレードと向き合い将来、元手以上の楽しみを得ることが出来なければ意味がありません。

当サイトでは、FXで稼ぐために初心者向けの記事を多数揃えていますから、手始めに「テクニカル分析」から勉強してはいかがでしょうか?

【FX初心者向け】実践的なテクニカル分析の基礎

証拠金ごとの立ち回りは、テクニカル分析を覚えてからの方が視界が開けますよ。

まとめ 証拠金よりトレードでの立ち回り方が大切

最後まで読んで頂きありがとうございます。

今回は、「FXの証拠金はいくらから?その考え方は「的外れ」だった。」のテーマでお送りさせていただきました。

  • 証拠金は多い方が有利
  • 少額でも始めることが出来る
  • 証拠金の金額に合った立ち回りを考える事が最重要

初心者の頃は、どうしても負けやすく「大きな投資資金があれば負けないのに・・・」と思った経験が私にもあります。しかし、ある程度の利益と経験を重ねていく中で必ずしも証拠金が潤沢である事はトレードの戦績とは無関係だと気付かされました。

冷静に考えてみれば、いくらお金を投入しようが、トレードをするのは自分自身です。5万円を使いこなせないのに、100万円で上手く運用できるでしょうか?

どのみち少額でFXを始めるしかないならば、現状を嘆くより、現状から進化するにはどうすべきか?に時間と労力を割くべきだと私は経験から学びました。

-FX

Copyright© 完璧ビジネスFX , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.