関西外食ビジネスサイト

関西外食ビジネスFX

FX

FXをスマホでしたい!スマホでFXをするメリットとデメリットとは?オススメのアプリは?

投稿日:

最近ますます人気を高めているFX!
サラリーマンの副業や主婦や学生のお小遣い稼ぎとしても人気ですね。
FXというと、ついPCの前に張り付くトレーダーの姿を想像してしまう方も多いと思います。
そんな方の中には「忙しいからFXは無理」なんて思っている方もいると思いますが、それは間違いです
トレードの方法によっては、スマホでも十分FXは出来るんですよ!

そこで今回は「FXをスマホでしたい!スマホでFXをするメリットとデメリットとは?オススメのアプリは?」というテーマでお送りしたいと思います。

これからFXを始めたい、スマホでFXしたいという方は必見ですよ!

スマホトレーダーが急上昇中!

冒頭部分でも書いた通リ、トレード方法によってはスマホでFXをすることは十分に可能です。
それを証明するように、各FX会社はスマホ用プラットホームやアプリの開発にかなりの資金を投入しています。
それを受けて、スマホトレーダーの数は年々増え、今では勝ち組トレーダーの中にも「スマホのみ」でトレードする人が増えてきているのです。
スマホアプリでも、普段使うような取引ツールは網羅していますし、最新のアプリは、為替相場の今後の動向を予想するためのテクニカル分X析ツールも豊富です。

またPC同様の自動取引ができるスマホアプリもありますので、システムトレードに興味がある方にもスマホでトレードはオススメなんですよ!

スマホでFXをするメリットとデメリットとは?

スマホでもFXが出来ることはわかっていただけたかと思います。
この項では、もう少し掘り下げて、スマホでFXをするメリット・デメリットをそれぞれ紹介していきたいと思います。

  • メリット
  • デメリット

スマホでFXをするメリット

それではまずはメリットから見ていきましょう。
スマホでメリットをするメリットには以下のようなメリットがあります。

①トレードしたい時にすぐ出来る

PCでトレードをする場合、まずはPCを起動させて、FX会社のページを開いて...という手間があります。
しかし、スマホは常時電源がオンになっているのですぐにトレードを開始することができます。
今は、各FX会社はスマホアプリの開発に力を入れているところが多いので、FX会社のHPにアクセスせずともアプリを入れておけばより簡単にトレードすることができますね。

②どこでもトレードできる

スマホなら、したい時にすぐにトレードできるだけでなく「どこでも」トレードできます。
ネットが繋がれば世界中どこでもトレードできるというのはかなり大きなメリットではないでしょうか?
旅行先にPCを持っていく人は少ないと思いますが、スマホは必ず持っていきますよね?
ちなみにこんな風に、旅をしながらトレードする人のことを「トレードトラベラー」と呼びます。
こんな言葉があるほど、スマホでFXをする人は多いということなんですね!

③取引画面が見やすい

スマホの取引画面は非常にシンプルです。
PCに比べ画面が小さいのでシンプルにならざるを得ないのですが、これが逆にFX初心者にはプラスに作用することがあるのです。
PCのチャートは確かに見やすく、インジケータなどをたくさん表示させることができますが、FX初心者の場合はそれによって逆に頭が混乱してしまうことが多いと思いませんか?

いろんなものを表示させても、結局はロウソク足しか見ていない...なんて人も多いはず。
そんな方は、まずはシンプルなスマホのチャートで相場の流れを視覚的に掴んでトレードする方が利益が出しやすいことも!

④相場の急変に対応できる

今はどこのFX会社もスマホ用のプラットホームや、アプリの開発に非常に力を入れています。
アラート機能を使えば、相場が急変した時にそれを瞬時に察知し、対応することができます。
プロのトレーダーでも、PCとスマホどちらも使う人が多いのはこのためです。
PCに比べ、スマホはチャートを表示させるまでの時間も短いですもんね。
経済指標などもアラート登録しておけば、利益(損切)チャンスを逃しません。

どうですか?
スマホでFXをするメリットってけっこうありますよね。

しかし、メリットがあるようにデメリットもあるのです。

スマホでFXをするデメリット

スマホでFXをするデメリットにはいったいどんなものがあるのでしょうか?
考えられるのは以下のようなものです。

①チャート分析が難しい

FX初心者の方の場合、チャートにいろんなテクニカル指標を表示させて分析...という方は少ないかもしれません。
画面の大きさが小さいため、複数のテクニカル指標を表示させるとゴチャゴチャして見にくくなってしまいます。
そのため、詳細なチャート分析が難しいというデメリットがあります。

②誤操作

スマホでのトレードは、指でタップするだけで注文・決済が可能ですが、それ故、誤操作による事故も起こりやすい傾向があります。
指先がちょっと触れただけで確定してしまいますので、細心の注意が必要です。

しかし誤操作を防ぐため、FX会社はどこもシンプルで視覚的にわかりやすい設計をこころがけていますので、落ち着いてトレードする、これだけで誤操作のリスクはかなり抑えることができますよ!

③チャートを見ながらのトレードが難しい

最近は各FXはのきなみ、スマホ用のプラットホームの改善やアプリの開発に力を入れています。
ですが、中にはチャートと注文画面を同時表示できないケースがあります。
また、複数通貨ペアのチャートの同時表示が不可能なことも。
ですから、チャートをしっかり頭に入れて取引をする必要があります。

どうしてもチャートを見ながらトレードしたいという方は、同時表示が可能なアプリを導入しているFX会社を選ぶようにしましょう。

④通信環境の影響を受けやすい

これはFXに限って言えることではありませんが、スマホは通信環境の影響を強く受けますよね。
4G回線などは、場所によって通信速度が大きく変わります。
通信環境が悪いと、チャートの更新が遅れたり、注文確定に時間がかかったりすることがあります。
安定した通信環境のなかでトレードする場合は、問題がありませんが、通信環境が不安定な状態でのトレードは、リスクを伴うと思っておいた方がよいですね。

しかし稀に、指標時などPCよりスマホの方がすんなり約定できるというケースも多く報告されているんですよ。
明らかにネット環境が悪いところに行く場合などはトレードを制限することでこのデメリットは回避できると言えますね。

メリットがあるようにスマホでのトレードにはデメリットも存在します。
大切なことは、メリットだけでなくデメリットも理解しておくことです。
それだけで大きなリスクは回避出来るのではないでしょうか。

スマホでのFX、必勝法はある?

さてスマホでトレードするときの必勝法ってあるのでしょうか?

実は

Cを使ってもスマホを使っても「絶対に勝てる」という方法は存在しません。
プロのトレーダーだって、負けることはあるのです

ただ、プロのトレーダー、勝ち組トレーダーは勝率が圧倒的に高いのです。
FXは結果的にトータルで考えた時に「勝ちトレード>負けトレード」になればよいのです。

ですから、ここではスマホでFXをする時に勝率を高める方法をご紹介していきたいと思います。

  • アプリをインストールする
  • チャートはスッキリ
  • トレードする時間を厳選する
  • 指標トレード
  • 自動売買システム

1.アプリをインストールする

スマホでFXをするときは絶対にアプリケーションをインストールすることをオススメします。
いちいちFX会社のHPにアクセス、ログインという手間を省くことができます。
スマホアプリには便利な機能がたくさん揃っています。

そもそもPCとスマホでは画面の大きさが違うので、スマホをPCの代わりにつかってトレードはできません。
まったく不可能というわけではありませんが、スマホでFXをするならそのメリットを最大限に生かさないと損です。

アプリなら、経済指標、要人発言、自然災害などによる相場の急変にもすぐに対応できるので、スマホでのトレードは必ずアプリを使いましょう。

2.チャートはスッキリ

スマホの画面はただでさえ小さいので、テクニカル指標をごちゃごちゃ表示させると何が何だかわからなくなります。
勝ち組トレーダーの中には「トレードはロウソク足だけで十分」と言い切る人も多いくらいです。

スマホでのトレードのメリットを生かして、視覚的・直観的にチャートを分析してトレードするようにしましょう。
実際、ロウソク足+一目均衡表だけでも、トレンド順張りなどは十分に可能です。

スマホでのトレードは「スッキリ」したチャートがカギ、と言えるかもしれません。

3.時間を厳選する

スマホでのFXのメリットである「いつでもどこでもトレード」ですが、流動性の低い時にトレードをしても利益に結び付く可能性は低いので、トレードする時間帯は厳選しましょう。
簡単に、各通貨の流動性が高まる時間帯をご紹介します。

・日本円・・・午前9時~10時は円が動きやすく
・ユーロ、ポンド・・・17時~
・米ドル・・・21時~

総合的に考えると、ロンドン(欧州)とニューヨーク市場が開いている21~25時がもっとも利益を出しやすい時間です。
スマホでのトレードならベッドの中でも出来きますので、流動性が高い時間帯を狙って、トレンドが出ている通貨ペアでトレードすると勝率が高いですよ。

4.指標トレード

「指標トレード」とは、経済指標の発表前後の値動きを利用してトレードする手法です。
ポジション保有期間は数秒~数分なのでスキャルピングに分類されますね。
スキャルピングは必ずしもFX初心者向きの手法ではありません。
じっくりチャートを見ることができませんので、冷静な判断がしにくいと言われているからです。

しかし経済指標前後は大きなトレンドが発生しやすいので、トレンドが発生したのを確認してトレードするという後出しジャンケン的なトレードをすればかなりの確率で利益を出すことができます。
一方方向に大きな値動きを見せることが多いですが、時間の経過と同時にそのトレンドは収束します。上手く往復でトレンドに乗ることができれば、ある程度の利益が見込めます。

指標時はスリップページが起こりやすい(滑る)と言われていますが、最近のスマホアプリの中には、PCよりも約定力が優れているものもあるんですよ。

重要経済指標はあらかじめ登録しておけば通知されますので非常に便利です。

5.自動売買システム

FX初心者にありがちな、売買のタイミングがわからないという問題ですが、これを解決してくれるのが自動売買システムです。
別の項でもお話しましたが、最新のスマホアプリは自動売買システムが非常に豊富です。

為替相場の流れを分析して、自動的にエントリー・決済をしてくれるため、上手に使えば勝率が格段にアップします。
どのFX会社もアプリ開発にかなり力を入れているので、自分のしたい取引にあわせてアプリを使い分けるのもよいかもしれません。

PCでのトレードと同じことをスマホでしようとは思わわないことが大切です。
ぜひあなたもスマホのメリットを最大限に生かしたトレードをしましょう。

そこで次の項では、スマホでトレードしたい!そんなあなたにピッタリのFX会社をご紹介したいと思います。

FXをスマホでするならYJFX!がオススメ

 

スマホトレーダーの増加を受け、FX会社はアプリの開発にかなりの資金を投じしています。
ですから国内FX会社のアプリはどれも優劣つけがたいクオリティです。
しかしその中でも特にオススメなのがYJFX!です。
ご存じの通り、YJFX!はヤフージャパンを母体にしたFX会社です。

豊富な資金と、開発力を生かして開発されたアプリが「Cymo(サイモ)」です。
過去の楽天リサーチによる調査においては「最も利用しているアプリ」そして「最も満足するアプリ」で、それぞれ第1位に選ばれたほどなんですよ!

チャートと注文場面を同時に表示できるアプリは意外に少ないと思いますが、このCymoは同時表示ができます。
スキャルビング派の人も、エントリー・利確チャンスを逃しません。

また分割決済や指値注文済みの成行き決済などもワンタッチでできるため、無駄なタイムロスがありません。
テクニカル指標はトレンド系4種類に加え、オシレーター5種類と基本的なものは揃っています。
トレーダーに定評のある「GlobalInfo24」のリアルタイムニュースと、経済指標カレンダーが閲覧でき、経済指標はプッシュ通知が可能なので、重要な指標も忘れずに確認できチャンスを逃しません!

自動売買をスマホでしたいなら「みんなのFX」byトレイダーズ証券

自動売買システムはいくつもありますが、その中でも人気・知名度ともに高いのが「みんなのシストレ」です。
トレイダーズ証券では、アプリでもパソコンと同等の機能を搭載しているため、簡単にシステムトレードを始めることができます。
プロのトレーダーによって開発された350種類の自動売買システムの中から気に入ったものを選ぶだけで、24時間あなたに変わってスマホがトレードしてくれます。

またトレイダーズ証券は、1,000通貨からの取引が可能なので、お小遣いの範囲でもトレードすることができます。

ドル円であれば、4~5千円あればトレードを開始することができます。

また、人気のバイナリーも出来るのもうれしいポイントです。

また24時間サポートしてくれるカスタマーサービスもあるので、FX初心者の方にもピッタリと言えるのではないでしょうか。

あなたもスマホで勝ち組FXトレーダーに?!

いかがでしたか?
今回は「FXをスマホでしたい!スマホでFXをするメリットとデメリットとは?オススメのアプリは?」というテーマでお送りしました。

忙しくてPCに向かう時間がないというサラリーマンの方も、家事と育児に忙しい主婦の方でも、バイトや勉強に忙しい学生の方でもスマホでのトレードなら隙間時間を使ってできます。

ぜひあなたもスマホでFXを始めてみませんか?
もしかして勝ち組トレーダーの仲間入りができるかもしれませんよ!

-FX

Copyright© 関西外食ビジネスFX , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.