初心者のためのFX投資、口座開設

完璧ビジネスFX

FX

FXを始めたい!口座開設の審査って厳しいの?審査基準を大公開

これからFXを始めたい!そんな人にとって最初にすべきことは口座開設です。
しかし口座開設には審査があります。
この審査が怖い、落ちないか心配...と口座開設に二の足を踏んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回はそんな方のために「FXを始めたい!口座開設の審査って厳しいの?審査基準を大公開」というテーマでお送りしたいと思います。

FXの口座開設審査は難しくない?審査のポイント3つ!

「審査」なんていうと、なんだかちょっと身構えてしまいますよね。
クレジットカードやローンの審査を想像してしまう方もいるかもしれません。
しかしFXの口座開設審査は決して難しくありません

よほどのことがない限り審査に落ちることはない、と考えていただいて大丈夫です。
世の中には学生トレーダーや主婦トレーダーがたくさんいます。
そして安定した利益を出している人も少なくないのです。
つまり学生や主婦でも口座を開設することができる、ということです

審査のポイントはたったの3つです。

  • 本人確認
  • 属性確認
  • 資産状況

1.本人確認

FX会社の口座開設審査でもっとも大切なポイントが「本人確認」です。
え?そんなこと?と肩透かしにあった気分になった方もいるかもしれませんね。
しかし、FX口座は過去にマネーロンタリングの温床になっていた時代があるのです。

そのため、FX会社では本人確認作業を徹底しています。
そのため、名前や住所などの記入に不備があったり、記入データーと本人確認書類に相違があった場合、それが審査落ちの原因になってしまうことがあるのです。

本人確認書類と一字一句同じになるよう、細心の注意を払いながら記入しましょう。

2.属性確認

FX会社にはそれぞれ口座開設ができる人の属性を定めています。
属性というと難しく聞えますが、簡単に言えば、口座開設のための条件を満たしているかどうか?ということです。

しかも、多くのFX会社において求められる条件は「20歳以上」という以外は特にありません。
(一部FX会社の中には18歳以上で口座開設が可能な会社もあります。例:SBIFXトレード

年齢さえ満たしていれば、学生、主婦、サラリーマン、そして無職でも開設は可能です。
次の項で詳しく説明しますが、FX会社が重視するのは職業ではなく、余裕資産ですので職業で落とされることはまずありません。
しかし、以下の属性の方は国内FX会社で口座開設はできない可能性が高いので注意が必要です。

•20歳未満(18歳未満の場合もあり)
•75歳以上(FX会社で異なる)
•証券会社勤務
•海外在住(FX会社で異なる)

※年齢の上限・下限と居住地はFX会社によって異なるので、各FX会社のHPでチェックしてください。

資産状況

FX会社の口座開設を申し込む際、どの会社でも必ず「資産状況」をチェックする欄があります。
自己資産額や投資可能資金額は、FX会社の審査をする上で重視するポイントです。
FX会社の中には「金融資産額が100万円以上」と明記している会社や「年収300万円以上」と定めている会社があります。
ということは、この事がHPに書かれていなくても多くのFX会社において1つの基準とされていると考える必要があります。

とは言っても、FX会社があなたの資産状況を実際に調べることはありません
仮に借金やローンを抱えていたとしても、それはFX会社にはバレません。
しかし、あまり事実と異なる「虚偽の申請」は避けましょう。
なぜFX会社が資産状況を重視するかと言えば、無理なトレードを行わないかを把握するだけです。
申込みの際は、予定初回入金額も聞かれますが、年収や資産に見合う額を記入するようにしましょう。

FXの口座開設審査で重視されるのはこの3つのポイントです。
記入漏れに気をつけ正確に記入し、属性と資産状況が規定に達していれば誰でも口座開設は可能です。

1つだけ気をつけたいのは、すでにそのFX会社に口座を開設している人が、再度口座を持つことはできません
あまりない例だとは思いますが、過去にFXをやっていたという方は、放置してある口座がある可能性もゼロではありません。
それを忘れて口座申し込みをすれば当然審査落ちになりますので、思い当たる節のある方は申し込み前に一度チェックしておきたいですね。

審査に通りやすい初心者におすすめのFX会社4選!

ここでは、審査に通りやすいFX会社を厳選して4つご紹介します。

世界1の取引高GMOクリック証券

日本を代表するFX会社であるGMOクリック証券も、審査に通りやすいFX会社の1つと言われています。

「証券系のFX会社は審査が厳しい」と一般的には言われていますが、GMOクリック証券は世界第1位の取引高を誇るFX会社、つまりそれだけ口座数も多いということです。

※ファイナンス・マグネイト社調べ2012年1月~2018年12月

口座開設者が多い=審査が甘い、と言い切ることはできません。

しかし、審査が厳しければそれだけ口座開設者が減ってしまいますから、多くの人に門を開いていると考えるべきでしょう。

実際、GMOクリック証券のHPには、年収のことには一切触れられていません。

つまり、学生でも、主婦でも、アルバイトでも収入に関わらず口座開設が可能ということです。

ただ1点「100万円以上の金融資産をお持ちであること」と取引条件に記載されているので、金融資産(貯金)の金額は100万円以下を選択しないようにしましょう。

審査に通るか不安・・・という方は、ぜひ以上の4社の中から1社選ぶとよいですよ!

 

取引コストを抑えられるDMM FX

とにかく初心者におすすめしたいFX会社はDMMFXです。DMMって会社なら聞いたことあるよ!という方は多いはずです。

DMMFXは国内でのFX口座数が1位を誇り、特に右も左も分からない初心者向けのサポートが充実しています。安心で安全、信頼できるサポートと機能が高い評判の理由です。

また、20通貨ペアのスプレッド幅が業界で一番狭く、ひとつひとつの取引コストが安くて済むというメリットもあり、また、スマホアプリでの取引にも定評があるので、最初に口座を作るなら間違いなくDMMFXが良いと言い切ってしまえるほど、おすすめのFX会社です。

そんなDMMFXですが、審査も比較的甘い傾向にあります。

というのも、DMMFXのHPには、口座開設条件として

・年齢が20歳以上、75歳未満であること

・日本国内に居住していること

・日本証券業協会及び一般社団法人金融先物取引業協会並びに日本商品先物取引協会の会員の役職員等ではないこと

の3点しか記載されていません(引用:DMMFX)

資産状況、年収に関する規定はないということは、それほど審査が厳しくないことを意味しています。

DMMFXの審査に落ちたという話は聞きませんし、あったとしても記入漏れの場合がほとんどですよ!

 

少額で始められるヒロセ通商

ライオンでお馴染みのヒロセ通商もまた、口座開設の審査が通りやすいと言われているFX会社の1つです。

その理由としては、1,000通貨から始められるということが考えられます。

通常FXは1万通貨から始めることが多いですが、ドル円の場合は最低でも5~6万円が必要になってきます。

しかし1,000通貨の場合だとその10分の1の資金、つまり5~6千円あればトレードを始めることができるのです(リバレッジ25倍の場合)

しかも、ヒロセ通商のHPには、口座開設できる人の条件としては「20歳以上75歳以下」としか書かれておらず、その他のことについて特に言及されていません。

証券会社系列では「資産100万円以上」など明記してあるところもありますので、資産状況に触れていないというのは、それだけ多くの人に門を開いていることではないか、と推測できますね。

ヒロセ通商は、扱っているペア数も50ペア、食べ物キャンペーンなどが人気を呼び、独身男性からの支持率が非常に高いFX会社です。近年ますます口座数を増やしていることからも、審査も甘めであることがうかがえます。

 

未成年以外は口座開設OK!外為どっとコム

外為どっとコムは老舗FX会社の1つで、日本を代表するFX会社の1つです。

外為どっどコムは、キャッシュバックキャンペーンや、友達紹介キャンペーンに非常に力を入れています。

また、HPには「20歳以上で国内の居住者の方であれば、どなたでも申し込み可能です」と書かれています。

資産状況、雇用形態、などについての条件が一切ないということは、それだけ口座開設のための審査も甘い、と考えることができるのではないでしょうか?

初心者向けのFXセミナーも積極的に行っているので、初めての口座として選ばれることも多いFX会社です、申し込みから、口座開設まで最短3日とかなりスピーディーです。

絶対とは言えませんが、審査にかかる時間が短いFX会社は審査も甘めな傾向があるんですよ!

 

FX口座開設審査に落ちた!すぐに他のFX会社に申し込んでも大丈夫?

FX口座開設審査は決して難しくありません。
審査のポイントをしっかり押さえた上で、記入漏れがなければ審査に落ちることは稀です。
しかし、残念ながら審査に落ちてしまった...という人も存在します。
そんな場合は、すぐに他のFX会社に申し込んでもよいのでしょうか?
答えはYESです。

クレジットカードやローンのように、他社への申し込み・利用状況が審査に影響を与えることは一切ありません
ですから、すぐに他のFX会社に口座開設申し込みをしてもまったく問題ありません。
むしろ、審査に落ちた場合、同じFX会社で再審査を受けるより、他のFX会社に申し込む方が良いでしょう。

一度審査に落ちた人は顧客管理部門がリストアップしている可能性が高いからです。
そもそも、FXの口座は複数の会社で開設が可能です。
プロトレーダーもリスクヘッジのため、複数の会社で取引している人が多いのです。

FXはそれぞれの会社によって特徴がありますので、資金、トレードの方法などで使い分けるのも1つの手です。
1つのFX会社の審査に落ちたからと言って、がっかりする必要はありません。
ぜひすぐに別会社でトライしてみてみましょう!

次の項では、審査に通りやすいFX会社についてお話しようと思います。

審査が通りやすいFX会社の特徴とは?

FX会社の口座開設審査は難しくありません。
通常は落ちることはない、と言われているほどです。
しかしその中にもさらに審査が通りやすいFX会社があります。
この項では、審査が通りやすいFX会社の特徴を2つご紹介します。

  • 最小取引単位が小さい
  • 申し込み基準を明記している

1.最小取引単位が小さい

多くのFX会社において最小取引単位は1万通貨です。
ドル円で取引する場合は、5万円程度の証拠金が必要になります。
しかし、FX会社の中には、1,000通貨から取引が可能な会社もあります。さらに最近では、1円取引が可能なFX会社も。

資金に余裕がない方でも、お小遣いの範囲でトレードができるということで非常に人気を呼んでいます。

年収が低めの方や主婦の方、フリーター、無職、学生の方など、自分の資産状況に自信がない方でも、少ない証拠金で取引が開始できるFX会社は、資産に関してのチェックもゆるめです。
このように、取引が可能なFX会社は審査が甘いことが多いんですよ!

2.申し込み基準を明記している

FX会社の中には、申込基準を明確にしないところがあります。
特に年収や金融資金などの基準において言えることです。
しかし例外的にHPに申込基準を明記しているFX会社もあります。
例えばGMOクリック証券のように「金融資金100万円以上」と申込基準をハッキリさせているところは、自分がその基準を満たしているかどうかが明確です。
基準をクリアしていれば、あとは記入漏れ・間違いに気をつければ審査落ちはまずありません。

このような特徴を持つFX会社で口座開設の申し込みをすれば「審査に落ちるのでは?」とハラハラすることもありませんね!

 

いざ口座開設!申し込みから入金までの流れを一挙公開!

さて、FXの口座開設は難しくなく、ハードルも決して高くないことはわかっていただけたかと思います。
いくつかFX会社を比較検討して、ここだ!という会社が見つかればいざ口座開設です!
本サイトの「FX初心者におすすめの口座・会社比較ランキング」という記事の中では初心者の方にオススメのFX会社をご紹介させていただいておりますので、なかなか決まらない!という方はぜひ参考にしてみてくださいね。

この項では、実際にFX会社に申し込みをしてから入金してトレードを開始するまでの流れを一挙公開していきます!
どこのFX会社も流れ的には同じなので、ぜひご一読っください。

  • 口座申し込み
  • 口座開設完了
  • 証拠金入金

口座申し込み

FX会社のHP上にある「新規口座開設(個人)」ページにアクセスして基本情報を入力し、利用規約に同意します。
マイナンバーを入力し、提出する本人確認書類の添付(送付)方法を選択して「申し込む」をクリックすれば完了です。
本人確認書類はメールに添付することもできますし、郵送やFAXで送ることも可能ですが、申し込みの時に一緒にアップロードが一番早いのでオススメです。
本人確認書類をスマホなどで撮影する時は、ブレないように気をつけましょう。
鮮明でない写真は審査落ちの原因になってしまうこともありますので要注意です。

必要な本人確認書類には1点でOKなものから3点必要になるものまであるので、各FX会社のHPで確認してください。
ここでは参考のため、本人確認書類の種類を簡単にご紹介しておきます。

<1点でOKなもの>
個人番号カード
個人番号カードには個人番号、住所、氏名、生年月日、性別のみならず顔写真が記載されているので、これ1点で本人確認書類として認めらます。
※個人番号カードを送付する場合は【表面】と【裏面】の両面の鮮明な写真、もしくはコピーが必要です。
<2点必要なもの>
・運転免許証
・パスポート
・住民基本台帳カード
・在留カード
・特別永住者証明書
・外国人登録証明書
の中から1点選択し、さらに
・通知カード
・住民票(マイナンバーが記載されているもの)
のいずれか1点、を合わせた計2点の本人確認書類が必要になります。
<3点必要なもの>
・健康保険証
・住民票および印鑑登録証明書
・年金手帳の中から2点選択し、さらに
・通知カード
・住民票(マイナンバーが記載されているもの)
のうち3点が用意できれば上記のものでもOKです。

口座開設完了

各FX会社に新規口座申し込みを行うと、FX会社はそれをもとに審査を行います。
通常は審査にかかる時間は2~3日です。
問題がなければ自宅に「口座開設完了」のお知らせが届きます。
そこにはユーザーネームやパスワードが書かれているので、その情報を元にFX会社の会員ページからログインすれば口座開設が完了です。

仮に審査に落ちた場合、その理由をFX会社は開示しません。
しかし先ほどからお話しているように、FXの口座開設審査は決して厳しいものではありませんのでポイントを押えておけば審査落ちということはほぼありません。

証拠金の入金

さて口座が無事に開設されたら、最後に必要なのは「証拠金」を入金するのみです。
初回入金額に決まりはありません。
自分のトレードに必要な額が証拠金として口座にあればすぐにトレードを行うことができますが、念のために備えて証拠金は多少の余裕を持って入金しておきましょう。
相場が急変してレートが予想に反して大きく動いた場合、証拠金が不足しているとロスカットになってしまうこともあるからです。

入金の際の手数料は自己負担になりますが、「クイック入金」を利用すれば無料になります。
FX会者によって最低入金額が指定されているので、こちらも各FX会社のHPで確認してください。

また、FX会社の中には「キャッシュバックキャンペーン」や、新規口座を開設すると一定額入金されるキャンペーンを行っているところもありますのでこれもあわせてチェックしましょう。

いかがですか?
FX会社に新規口座申し込みをしてから入金トレード開始までの流れがわかっていただけたかと思います。
難しいことは一切ありませんね。

また週末などをはさまなければ、申し込みをした3日後くらいにはトレードを開始できることもあります。
FX口座は申し込み無料、口座維持費無料ですので、いますぐトレードする予定はない...という方でも、開設しておけば好きな時にトレードすることができますよ!

FX口座開設の審査は難しくない!まずは気軽に口座申し込みしよう!

いかがでしたか?
今回は「FXを始めたい!口座開設の審査って難しいの?審査基準を大公開」というテーマでお送りさせていただきました。

FXの口座開設審査は決して難しくないんですね!
筆者も国内・海外合わせて5社にFX口座を持っていますが、審査落ちしたことは一度もありません

FXは24時間トレードが出来き、トレードスタイルによっては1日1回のチャートチェックで十分に利益を狙える投資です。
FXは始めたいと思った時が始め時です。

よほどのことがない限り審査落ちはありませんので、まずは気軽に口座開設の申し込みをしてみてはいかがでしょうか?

-FX

Copyright© 完璧ビジネスFX , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.